元看板犬「おはぎ」のために導入した「素粒水」のお話

カフェの厨房で使ってるカートリッジは「素粒水」というもの。
きっかけは・・カフェ開業前の2016年。毎日愛犬「おはぎ」の痙攣が止まらないときに、知り合いが紹介してくれたこと。飲むのはもちろん、ボトルに入れて おはぎのまわりに置いたり、お風呂に入れたりしてました。食材を浸漬し密閉容器で常温保存すると、腐らずに発酵するという不思議な水。ペットボトルに入れておくと、植物がそのボトルに向かって伸びたりする。

カフェオープンの時に、お店の浄水器に採用。もちろん(とっことん調べる性格なので)説明会行ったり、人と話したり、ネット上のネガ意見も読んだり・・・調べまくって、納得して、勢いで代理店登録もしました。でもね、水ビジネスってたくさんあって目に見えないしものだし、人に積極的に進めることはしないできました。

しかし、先日、以前からの知り合いでカフェのお客さんでもある方(エステサロン経営者です)が、素粒水のカートリッジ買ったという話をされて「えー、うちのカフェも使ってます&私、代理店もやってます」って言ったら、「なんだぁ、江原さんがやってるなら、江原さんから、購入すれば良かった。売ってくれるところ探して申し込んじゃった」という話に。

それから、4月からチームむすびメンバーになった さかえさん。ちょうど家の浄水器を検討してて、自分なりに調べて(さかえさんも、こういう分野いろいろ詳しいからね)結局、素粒水を導入。「これ、もっと、宣伝した方がいいですよ」と。

そして、つい一昨日、初来店のお客さんが(体に気を遣って生きてきたという年配の方です)「ここのお水美味しい!」とおっしゃって。

それから、昨日、超常連さんが、わんちゃんの体調が良くないので「素粒水、少し容器に入れて持ち帰ってもいいですか?」と。(私がおはぎのために導入した話を知ってるから。)

どんなにいいか!を、きちんと説明するのは、奥が深すぎるので、今日は、代理店やってます宣言のみで。食材が腐らないテストとか自分で試してみようかな。あらためて、説明会にも参加してこようかな(自分で納得したものしか、自分の言葉にできない性格)。過去NHKで「奇跡の水」として紹介されたこともあったようで(20年くらい前?なのかな・・残念ながら、その記事はみつかりませんでしたが、長い歴史のある水です)「素粒水」で検索すると、他の代理店の方々の発信した記事がたくさん出てきます。

あ、実は私、自宅の水道の蛇口の形が特殊で、自宅にはつけられず。今もカフェで汲んで帰ってます・・・汗。


遊びにきてくれた わんちゃんのご紹介です。

ゴン太ちゃんの笑顔。

 

ラッキーちゃん。パパに似てる。

 

仲良く水飲んでる。クウガくんとココちゃん。

来店ありがとうございました。


<コロナ感染予防のためのご協力よろしくお願いします>
緊急事態宣言中は、お酒の提供はできませんので、ご理解ください。営業時間は、夜8時までです(ラストオーダー7時)。

・なるべく、同居の親族単位での来店をお願いします。
・感染拡大防止のため、店内のお席を制限させていただきます。なるべく事前予約をお願いします。
・体調に少しでも違和感を感じる場合はご来店をご遠慮ください。
・店内に入りましたらすぐに入り口に設置の消毒液で手の消毒をお願いします。
・食事以外(オーダー時、他のお客様との会話時など)は、マスクの着用をお願いします。
・常にソーシャルディスタンスを意識をお願いします。

※コロナの感染リスクを低減できる「高機能換気設備」ベンティエールを導入しています。
※アクリルパーテーョンのご用意があります。
※カフェ二階のレンタルルームでのお食事できます(緊急事態宣言中は、レンタルルームの利用料1時間無料)。
※店内は、空気中に噴霧していると、空気感染を防げるという「次亜塩素酸水」を、専用噴霧器「ミクロフォッガー」で、噴霧してます。
instagram → https://www.instagram.com/cafemusubi/
Facebook → https://www.facebook.com/cafemusubicom

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です