よっちゃんの恩返し

むか~し、むかし。
下町亀戸に、わんちゃんも入れるベジタリアンカフェがありました。
オーナーのよっちゃんは、働き者でしたが、利益が出せずに、存続するか常に悩んでいました。

ある冬のこと、クラウドファンディングという仕組みを使って
地球にも胃腸にも優しい「発酵ヴィーガン餃子」をリターンにして

お客様に支援をお願いしてみました。

たくさんの支援をいただき、その温かいメッセージに、勇気づけられ

幸せな日々が続きました。

よっちゃんは「このお金で、餃子の作成ロボットを買おう」と決意しました。
そして、その餃子作成ロボットを、わんちゃんの撮影コーナーの右側におきました。
この場所は、もともとはよっちゃんの仕事場。厨房を担当してくれた仲良しの妹(まっちゃん)と、お互いの仕事中にお話できるようにと、厨房とつなぐ細い窓も作ってある、通称「秘密基地」。

よっちゃんは「約束ですよ。わたしが餃子を作っている間、決して中をのぞかないでくさいね」と言って、秘密基地にこもってしまいました。

こうして、よっちゃんは、2日に一度、朝早く出勤し、ロールスクリーンの中で、もくもくと餃子を作り続けました。
カシャーン、カシャーンという音だけが響き・・完成すると出てきます。
作られた餃子は、餃子とフライパンの接地面が広くなるので、手で包むよりも美味しく人気になりました。


ある日のこと、とうとうチームむすびメンバーが、よっちゃんとの約束を破り、そっと隙間から中をのぞき・・・・・・・・ハッ!と、息をのみました。

そこには、いつもの元気なよっちゃんではなく、疲れ果てたよっちゃんがいたのです(笑)。

よっちゃんは言いました「私は、お客さんに助けていただいたカフェのオーナーの立場として、恩返しがしたくて、1人で頑張っていました。正体を知られたからには、もうここにいることはできません。」

「ごめんなさ、許してください!」チームむすびメンバーの叫びは、よっちゃんには届きません。

「さようなら…」

よっちゃんは、そうつぶやいたかと思うと、二階の仕事場に去っていってしまいました。

こうして、餃子の作成は、餃子革命の仕事を独り占めしていたよっちゃんから解放され、チームむすびメンバーみんなで作るようになりました。

その後、「発酵ヴィーガン餃子」が大ヒットし、カフェむすびは、末長く繁栄しましたとさ。めでたし、めでたし。


今日遊びにきてくれたわんちゃんのご紹介です。
コテツちゃんの笑顔。

 

初来店してくれた チャーリーちゃん。

 

初来店してくれた 茶太郎ちゃん。

 

久しぶりに会えたよ。らんまるくん。

 

なんとも愛おしい目つきだよ・・ チョコ太ちゃん。

 

久しぶりに来店してくれた ミントちゃん

 

久しぶりに来店してくれた れもんちゃん。

 

初来店してくれた おもちちゃん。

 

 

今日のクウガくん、マロンちゃん、チョコちゃん、ココちゃん。

来店ありがとうございました。


<コロナ感染予防のためのご協力よろしくお願いします>
・コロナの感染リスクを低減できる「高機能換気設備」ベンティエールを導入しています。
・なるべく、同居の親族単位での来店をお願いします。
・感染拡大防止のため、店内のお席を制限させていただきます。なるべく事前予約をお願いします。
・アクリルパーテーョンのご用意があります。
・カフェ二階の個室でのお食事できます。(予約制)
・体調に少しでも違和感を感じる場合はご来店をご遠慮ください。
・店内に入りましたらすぐに入り口に設置の消毒液で手の消毒をお願いします。
・食事以外(オーダー時、他のお客様との会話時など)は、マスクの着用をお願いします。
・常にソーシャルディスタンスを意識をお願いします。
※店内は、空気中に噴霧していると、空気感染を防げるという「次亜塩素酸水」を、専用噴霧器「ミクロフォッガー」で、噴霧してます。
instagram → https://www.instagram.com/cafemusubi/
Facebook → https://www.facebook.com/cafemusubicom