今日は、看板犬「おはぎ」の命日

2年前の今日、未明、おはぎは、すべての痛みから解放されました。

2歳半で脊髄空洞症がわかり、シャント手術の当日朝に壊死性脳炎がみつかり余命宣告。度重なる痙攣と徘徊、カフェのオープンまでは生きられないと思っていたのに、何度もミラクルを起こし、半年間看板犬を務め、カフェが軌道にのったのを見届けるように旅立ちました。

7年半という短い間に、私に、たくさんのパワーを与えてくれました。

27年間勤めた会社を辞めて、新しいチャレンジをする背中を押してくれたおはぎ。大好きだよ。会いたいよ。
ママは、これからも頑張るね。ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です