野菜嫌いのうちの子が、ここの餃子は食べてくれるんです

『野菜嫌いのうちの子が、ここの餃子は食べてくれるんです』そんなコメントを、同じ日に2件もいただきました。ありがとうございます。

子供が野菜嫌いだと、お母さんはなんとか食べさせようと苦労しますよね。小さく刻んでハンバーグに入れたり、なんとか野菜に気づかれないようにと。

でも、ふと・・・今の野菜は昔よりも栄養価が低いという話を思い出しました。少し調べてみると、50年の間に、80~90%も減少してしまったという記事もありました。原因は、農薬によって土壌が痩せ細り、科学肥料によってきちんと根をはらずに育っているから。子供の体のためにと、頑張ってることが、もしかしたら、あまり意味がなかったりするのかも。

(私が書くと、とっても営業っぽくなってしまうのですが💦)母乳に次ぐ完全栄養食である玄米をきちんととっていれば、嫌いな野菜を必死に食べさせなくてもいいのかも?とも。ただ・・玄米も、化学肥料たっぷりの土壌で育ったものだと栄養価は低くなってしまうので、自然栽培の玄米がいいんだろうなぁと。
※化学肥料について、わかりやすく書かれたものをみつけたので、自分への備忘録的にもURL貼っておきます。https://nouki.dmm.com/blog/2019/07/13/kagakuhiryo/

カフェむすびの玄米は、30年間無農薬・無化学肥料の田んぼで育ったものですが、この「無農薬」とか「無化学肥料」という言葉は、消費者に優良誤認を招く可能性があるためという理由で、原則的に表示が禁止されているんです。農薬の使用を控えた作物は「特別栽培農産物」という名称に統一されているそうで、まったく農薬を使わなかったとしても、「使用を控えた」程度の商品との違いを打ち出せない状況でびっくりです。この辺の不思議なルール(背景は想像がつきますが)たくさんあり、本当にいいものを、消費者に伝えにくくなっています。

なんとなく与えられた情報だけで「体によさそう」と思って買っても、実はあまり良くないだけじゃなく、逆に体に悪いものもあったり・・本当によく調べないと怖いなぁというものが溢れています・・・マーケティング上手な企業の広告に騙されないようにしないとです。


HEHEDOGのさわちゃん。恵方巻き作り、頑張ってます。
出勤日数に対して、受注数が多いので、チームむすびの他のメンバーもみんなで協力して制作中。
私はというと、崩れてしまった卵焼きを、せっせと食べる係(笑)
これは、昨日のまかない。酵素玄米をケチャップで炒めて、オムライス。
※カフェむすびでは、人間用の食事に卵は使っていませんが、わんちゃん用には、お肉・卵を使っています。

 


昨日遊びにきてくれた わんちゃんのご紹介です。

はなちゃん。

 

ももちゃん。

 

初来店してくれた ナラちゃん。

 

てんちゃん。

 

クウガくん、ココちゃん。

 

マロンちゃん。

 

チョコちゃん。

 

みくちゃん。

 

ありがとうございました。


「むすび酒場」
営業日時:毎週、金・土のみ。17:00 〜22:00 (L.O 21:00)
※web予約の上来店の方全員に 甘辛生姜プレゼント。
Web予約はこちら:https://yoyaku.toreta.in/cafemusubi/

 


感染拡大防止のため、引き続きのお願いです。
・体調に少しでも違和感を感じる場合はご来店をご遠慮ください。
・店内に入りましたらすぐに入り口に設置の消毒液で手の消毒をお願いします。
・食事以外(オーダー時、他のお客様との会話時など)は、マスクの着用をお願いします。
・常にソーシャルディスタンスを意識をお願いします。

※コロナの感染リスクを低減できる「高機能換気設備」ベンティエールを導入しています。
※アクリルパーテーョンのご用意があります。
※カフェ二階のレンタルルームでのお食事できます。
※店内は、空気中に噴霧していると、空気感染を防げるという「次亜塩素酸水」を、専用噴霧器「ミクロフォッガー」で、噴霧してます。
instagram → https://www.instagram.com/cafemusubi/
Facebook → https://www.facebook.com/cafemusubicom

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です