一生ものの包丁が欲しい方は「吉實」さんへ

亀戸7丁目商店街にある「吉實」という包丁屋さんがあります。江東区無形文化財の老舗で、名だたる料亭の板前も足を運ぶ店だそうです!カフェの包丁もここでお願いしたいなぁと思いながら、あっという間に、5年近い月日が(私自身は、全く料理しないので💦、切れすぎる包丁は、怖いと思ってしまうのが本音ではありますが)。

今回「むすび酒場」を近隣に認知するために、京葉道路側に出させていただいている固定看板の貼り紙を変更。亀戸中央公園側は(固定看板ではないので)ガラガラと転がして看板を設置に行く必要があるのですが、朝晩結構大変で、数ヶ月さぼっていましたが、久しぶりに、ガラガラと看板を、出しにいき「吉實」さんの前を通過。

厨房担当も新しくなり、さかえさんをはじめ、料理の上手なメンバーも増え、今こそ、包丁買うべき!と思い立ち、その足ですぐに尋ねてみました。年末ということもあって、これから、研いで全国に返却するという包丁が、ずらーっと並んでいました。

とてもお忙しそうなのに、奥様も一緒に夫婦で迎えていただきました。「カフェむすび」として、あらためてご挨拶。下町亀戸、お店をはじめた頃は、ご近所になかなか馴染めない時期もあり、町内会で(特にね、わんちゃん歓迎のお店だし)問題視されていたことも聞いていました。近所のゴミ拾いに参加したり、お祭りにも参加させてもらったり、だんだん受け入れてもらえるようになったことも実感。奥様は「最初の頃は、なんとなく・・ごめんなさいね」みたいな話も正直にしてくれて、今は、頑張ってるね、これからも、亀戸7丁目で一緒に頑張りましょうという流れの話になり、なんだか、とっても嬉しくなりました。ありがとうございます。

「吉實」さんの包丁は一生もの。一度買うと、何年も何年も大事に大事に使って、最後は、ペティナイフくらいになるんだとか。それを嬉しそうに話す反面、新しいの買ってもらえないと利益にならないんだけどね・・と。仕事に対するこだわりと強い理念があり、目的はお金儲けではないんだなーというのが伝わってきて(まだまだ起業5年目の私なんて、足元にもおよびませんが)私も頑張ろうと思いました。

さて、実際に発注する包丁のことは、私はよくわからないので(💦)細かい交渉は別途さかえさんに「好きなものを選んできてね」とお願いしました。包丁の柄のところに「むすび」の文字を入れてもらいました。ちょうど、「むすび酒場」オープンの12月3日だったので、裏面には日付も。この包丁で、心をこめて、ミートフリーな料理を作ります(いや、私は作れないから、作ってもらいます)。

一生ものの包丁が欲しい方は、是非、行ってみてください。
http://yoshizane.sakura.ne.jp/products.html

そして、帰りに、カフェむすびに寄って「一生ものの包丁買ったよ〜」報告してくださいね。


来店してくれた わんちゃんのご紹介です。

ルルちゃんとエルメちゃん(お写真いただきました)

 

あずきちゃん(お写真いただきました)

 

初来店してくれた FOXちゃん(お写真いただきました)

初来店してくれた チョコちゃん。

 

かりんちゃん。

 

ハナコちゃん。

 

ココちゃんとラムちゃん。

 

ココちゃん、クウガくん。

 

マロンちゃん。

 

チョコちゃん。

 

来店ありがとうございました。


「むすび酒場」
営業日時:毎週、金・土のみ。17:00 〜22:00 (L.O 21:00)
<オープン記念>
お酒をご注文の方全員に、「めざめ玄米のおむすび」プレゼント。

Web予約はこちら:https://yoyaku.toreta.in/cafemusubi/
※web予約の上来店の方全員に 甘辛生姜プレゼント。

 


感染拡大防止のため、引き続きのお願いです。
・体調に少しでも違和感を感じる場合はご来店をご遠慮ください。
・店内に入りましたらすぐに入り口に設置の消毒液で手の消毒をお願いします。
・食事以外(オーダー時、他のお客様との会話時など)は、マスクの着用をお願いします。
・常にソーシャルディスタンスを意識をお願いします。

※コロナの感染リスクを低減できる「高機能換気設備」ベンティエールを導入しています。
※アクリルパーテーョンのご用意があります。
※カフェ二階のレンタルルームでのお食事できます。
※店内は、空気中に噴霧していると、空気感染を防げるという「次亜塩素酸水」を、専用噴霧器「ミクロフォッガー」で、噴霧してます。
instagram → https://www.instagram.com/cafemusubi/
Facebook → https://www.facebook.com/cafemusubicom